妊娠 口臭

妊娠中は口臭がする

女性は妊娠すると、今まで苦手だった甘い物が急に好きになったりする時期があったりします。

妊娠と共に食生活が変化すると、口内環境(口の中の状態を指し、正常にすることで健康状態を保てるといわれています)も少しずつ変化していくものなのです。口内環境に変化が起こると、今までは感じなかったような口臭を感じたりするケースもあるのです。

ただ、妊娠は自然な現象ですから、出産(お産が軽いか重いかには個人差があり、親子や姉妹でも畭なります)すれば口内環境(歯ブラシでの歯磨きだけでは正常に保つことは難しいでしょう)も元に戻るので、心配はいらないかだと言えると思います。妊娠中の口内の変化などについて気軽にまとめてみたので、妊娠中で口臭が気になるという方は是非参考にしてみて下さい。

口臭が発生する原因としては様々ありますが、その一つとして虫歯など口腔内で起こっている病的な物があります。例えば、その代表例として虫歯が挙げられるのですが、虫歯は酸によって歯を溶かしてしまう病気です。実は、妊娠中は普段アルカリ性だった唾液が酸性に変化してしまうので、虫歯が発生しやすい環境を作ってしまうのです。

更に、妊娠中はつわりが起こるので、歯みがきをするのが苦痛に感じる時期もあったりします。唾液が酸性に変化し、ただでさえ虫歯が発生しやすい環境な上に、歯みがきなど普段のケアを怠ってしまうと、その分口臭が起こる環境が出来やすくなるという訳なのです。それだけじゃなく、やはり妊娠中は体を思うように動かすことが出来なかったり、ホルモンバランスが大きく変化します。今までとは違った体調の変化を感じたり、抵抗力が低下してしまったりすることでストレスの多い環境になってしまう訳です。

このストレスも口のにおいの原因になる事があるのです。ですので、妊娠中は、ストレスを溜めこまないよう適度にストレスを解消し、口腔内のケアをまめに行ってください。

 

サイトマップ