歯周病 口臭

歯周病だと口臭がひどくなる

口の臭いの要因として代表的なのが歯周病です。

歯周病とは歯の周りの組織が炎症を起こしている状態を言います。歯茎だけが炎症(原因としては、ウイルスや細菌への感染、外傷や火傷、アレルギー反応などが考えられます)している場合は歯肉炎といい、悪化すると歯周炎になります。

歯周炎になると最悪の場合、歯が抜け落ちたり、全身疾患(後天的な要因が元になる場合もありますが、先天的に持病があったり、遺伝によって発症する可能性が高くなることもあるでしょう)を引き起こす危険があるので注意しましょう。

歯周病(歯垢が主な原因になるため、プラークコントロールが大切だとよくいわれていますね)を防ぐには、歯磨きの見直しと生活習慣(健康のために改善する場合には、まず食生活と嗜好品の摂取、睡眠、入浴などを見直すことが多いでしょう)の改善が必須です。

正しい方法で歯を磨いている人は意外と少ないようで、誤った方法で磨いている人がたいへん多いみたいです。

間違った方法だとしっかりと歯垢を取ることができないので、歯周病(初期段階では歯肉炎になり、さらに進行すると、歯周炎になって、もっと悪化すると、歯槽膿漏になることもあります)になりやすいです。

だいたいの方が大雑把に磨いていますが、そうではなく、1本1本磨くなさってくださいね。更に表だけではなく、裏側も磨きて下さい。ヘッドが小さめの歯ブラシを選ぶと磨きやすいかも知れませんね。

そして、不規則な生活習慣(規則正しい生活を送り、健康を害する恐れのある習慣は極力排除することが大切です)は免疫機能の低下を招き、歯周病(歯茎から血が出やすくなったり、歯茎が赤くなったり腫れているなどの症状があるようなら、早めに歯科医院に行ってください)を引き起こします。

十分な睡眠をとる、禁煙をする、ストレスを溜めない、お酒を控えるなどの事を意識してください。

 

サイトマップ