慢性胃炎 口臭

慢性胃炎が口臭の原因に

慢性胃炎が口臭の原因になる事もあります。

慢性胃炎になってしまった場合には胃もたれが起こり、食べたものを上手く消化することができません。消化されずに残った食べ物(外食の際や価格の安いものを購入する際には、特に注意した方がいいのかもしれません)はやがて発酵して、そのニオイが口の外に出てしまうことがあり、これによって口臭が引き起こされます。

また、ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリというのが正式な名称ですが、ピロリ菌の方がよく使われていますね)が原因の場合、胃酸の分泌が多くなり、胃酸のニオイが口臭として現れることもあります。

更に慢性胃炎になってしまったら舌苔が増え、これが原因で口臭が発生することも多いと思います。

基本的に慢性胃炎による口臭は卵の腐ったニオイがするので、仮にそのようなニオイを感じる場合は病院に行って検査をされた方がいいでしょう。慢性胃炎による口臭は病気(先天的なものも少なくないでしょう)を治さない限り、改善するのが難しいです。

逆にいうと病気が治れば、口のにおいも改善されてるので、まず最初に慢性胃炎の治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)に専念してください。慢性胃炎の治療薬を使用することで、胃酸の分泌を抑えてたり、消化を促すことができるので口臭を軽減できます。

 

サイトマップ